OFF

ON

お問合せ

馬関まつりに関する情報を掲載しております。
今日の出来事やスケジュール、協賛頂いた企業についてもご紹介します。

第44回馬関まつりについて

2021/06/21

謹啓 時下、皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は、馬関まつりの運営につきましては格別のご理解、並びに一般社団法人下関青年会議所の活動にご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

私たち一般社団法人下関青年会議所は、1953年に創立し、2021年で68年目を迎え、本年度は「波紋夢と希望を広げ繋ぐ」のスローガンのもと、会員1人ひとりが輝き、10年 ・20年後のまちづくりを考えられる組織として、馬関まつり実行委員会は「馬関まつりの夢」を後世に語り継ぐことが出来る、ひとづくりを目指して参ります。

昨年の第43回は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、史上初めての開催中止となりました。
今現在も、多くのイベントや学校行事が中止となり、自粛を強いられた子どもたちは楽しみが無くなりつつあります。だからこそ、これまでの青年会議所活動だけではなく、新しいカタチにチャレンジし、夢や希望を届けることを考えていかなければなりません。そのため、第44回馬関まつりは、度重なる協議の末、人と人の接触を避けた、新しいカタチでの開催を行いたいと思います。

テーマは“Restart“「新しいカタチ」として、1つ目は馬関まつりでの思い出の写真を市民の皆様より10、000枚を募集し、モザイクアートとして作品を完成させます。完成した作品は下関市内の6会場(旧市内、旧4町)に順次展示したいと思います。
そして2つ目は、新型コロナウイルス感染拡大の収束を祈願した花火を下関市内の7会場(旧市内、旧4町)で一斉に打ち上げ、再び街に活気を、市民に笑顔を届け、そして次の馬関まつりに継承して参りたいと思います。

本年も従来の大型イベントの開催は大変困難な状況ですが、
何卒、我々の趣旨にご理解、ご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。 謹白

一般社団法人下関青年会議所
第68代理事長 山口 大志

馬関まつり実行委員会
    委員長 川田 義仁