OFF

ON

お問合せ

馬関まつりに関する情報を掲載しております。
今日の出来事やスケジュール、協賛頂いた企業についてもご紹介します。

関係者各位へ

2021/06/21

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は一般社団法人下関青年会議所の活動及び馬関まつりの運営に対しまして格別のご理解、ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、 本年も下関を代表する夏の風物詩である市民祭として、8月21日(土)・22日(日)両日で従来の形での馬関まつり開催実現に向けて度重なる協議を行ってまいりました。
しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大状況下においての通常開催では更なる感染拡大のリスクを払拭することは困難であり、皆様の安全安心を最優先に考えた結果、本年の「第44回馬関まつり」は人と人との接触を避けた新しいカタチで開催させていただくこととなりました。

次に繋げる「馬関まつり Project 」として、市民の皆様から馬関まつりでの想い出の写真を約1万枚募集し、皆様の想い出を合わせて一つの作品「モザイクアート」をつくり上げ下関市内の6会場(旧市内、旧4町)に順次展示したいと思います。
また、特別番組を制作し馬関まつりの歴史から次回開催に向けてのドキュメンタリー番組の放送(J:COM 下関を行い、22日(日)20時からは 新型コロナウイルス感染拡大の収束を祈願した花火を下関市内の7会場(旧市内、旧4町)で一斉に打ち上げる予定です。

広く市民祭として親しまれてきた馬関まつりを、昨年の中止に引き続き本年も通常開催での実施が叶わないことは、私たち下関青年会議所としましても苦渋の決断でありますが、本年の「馬関まつりProject」 を通してまちに再び活気を、そして市民の皆様に笑顔を届け、未来の馬関まつりに継承してまいりたく思っております。

新型コロナウイルス感染症が一日も早く終息するよう、私たちも皆様と共に感染拡大防止に努め、来年の馬関まつりが盛大に開催できることを切に願っております。
皆様方にはこの度の経緯をどうかご理解いただき、来年以降の馬関まつりにおきましても引き続きご支援、ご協力を賜りますよう 何卒よろしくお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 敬具

一般社団法人下関青年会議所
第68代理事長 山口 大志

馬関まつり実行委員会
    委員長 川田 義仁